神戸大学硬式野球部ブログ

11/24 OP戦 vs兵庫県立大学 @兵県大G

兵県立|020 010 000 |3
神戸大|002 010 001×|4

スタメン
1.山本8
2.飯盛6
3.佐治D
4.高橋9
5.川崎3
6.楠7
7.舘4
8.澤井2
9.矢吹5
P.頭根

<2回表>
ランナーを置いた場面でライト線へ長打を打たれ2点を先制される。

<3回裏>9番矢吹の四球から、相手のミスも絡み一死二、三塁のチャンスを作る。初回走塁時に負傷した3番佐治の代打松田がレフトオーバーのツーベースヒットを放ち2-2の同点に追いつく。

<5回表>ピンチの場面で内野手のエラーが出てしまい1点を失う。

<5回裏>
一死から3番松田が2打席連続のライトオーバーのツーベースヒットで出塁すると、二死三塁となり5番川﨑!センター前に弾き返し再び3-3の同点に追いつく。

神戸大の山口と井上、相手の両投手の好投で6、7、8回は両チーム無得点。9回も井上祐が無失点に抑える。

<9回裏>先頭の9番矢吹に代わる代打中島が四球を選び、打順は1番に返って山本。きっちり送りバントを決めて、一死二塁のチャンスを作る。続く代打二谷が左中間を破るサヨナラタイムリーヒットを放ち試合終了。
4-3で神戸大学が勝利しました。

今季最後の対外試合を勝利で飾ることができました。ですがこれまでの試合で、チームとして、個人として、実力のなさを痛感させられました。今日までに見つかった課題をなくすと同時に、春季リーグ戦において良い結果を残すことができるように、冬の期間にしっかり鍛えていきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/24(日) 23:07:36|
  2. オープン戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/23 OP戦vs流通科学大学 @流科G

流科大 000 000 020 | 2
神戸大 000 000 000 | 0


1.二谷6
2.坂本7
3.高橋9
4.蓬莱D
5.安西5
6.平光2
7.井上(晶)3
8.丸山4
9.山本8
P染川

初回から染川がテンポのいい投球で相手打線を4回まで無失点に抑える。

5回からは登尾がリリーフ。登尾もストライク先行のピッチングでキレのある直球と低めに決まる変化球で5,6回を無失点に抑える。

7回からは井上(祐)がマウンドへ。
しかし8回。四球でランナーを出すと、次のバッターにエンドランを決められピンチを招く。その後ランナーを2,3塁にされ、ワイルドピッチ。その際に守備の乱れもあり、2点を奪われる。
その後は0点に抑える。

打撃陣はヒットは安西、坂本の2本だけ。力不足を感じさせられました。



今日は新チームでの初のオープン戦でした。
内容としては去年のチーム同様、得点力不足が大きな課題でしたが、今日は相手投手の前に2安打完封。この冬でどれだけスイング力をつけられるかが大きな課題になります。
投手陣は今日はテンポの良いピッチングで四死球も少なく、守備陣もほとんどエラーもない、持ち味である守りの野球はできていると思います。これからも消さずに続けて行きます。
  1. 2013/11/23(土) 21:26:28|
  2. オープン戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/4 新人戦3回戦 vs大阪観光大学

新人戦vs大阪観光大学

<2回表>神戸大学の攻撃、一死から8番井上晶がセンター前ヒットで出塁すると、盗塁を決め、9番舘は進塁打でチャンスを広げる。二死三塁となり、1番坂本はショートゴロを放つがショートの悪送球により1点を先制する。1番坂本が盗塁を決め二死二塁となり、続く2番飯盛が右中間を破るタイムリーツーベースヒットを放ち、この回2点を先制する。

<4回表>先頭の9番舘のセンター前ヒットをきっかけに、一死一二塁のチャンスを作り、3番佐治が左中間へのタイムリーヒットを放ち1点を追加する。4番松田が三振に倒れた後、二死二三塁となり5番安西が一塁ベース直撃の2点タイムリーヒットを放つ。この回3点を追加し5-0とする。

<4回裏>3つの四死球と2本のヒットを許し3点を失い5-3とされる。

5回以降神戸大学は、単調な攻撃から得点でない。

逆に6回と8回には四球をきっかけに1点と3点を失い5-7と逆転され試合終了。大阪観光大学に5-7で敗れました。

打線は序盤で大きなリードを奪ったものの、フライアウトが重なり追加点をあげることができず、投手は11個の四死球を相手に与えてしまうなど、投打共に課題の残る試合となりました。
  1. 2013/11/04(月) 23:47:00|
  2. 公式戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/3 神戸新聞社杯2回戦 vs兵庫県立大学

県大|201 000 000|3
神大|010 100 000|2

スタメン
1.山本9
2.丸山4
3.二谷6
4.蓬莱D
5.安西5
6.山田3
7.楠9
8.繁田2
9.小山8
P染川


<1回表>ヒット、四球などで、ピンチを背負い、相手のタイムリーなどで、2点を失う。

<2回裏>先頭の5番安西が左中間を破るツーベースヒットで出塁すると、続く6番山田が四球を選び、7番楠がきっちり送りバントを決めて一死二、三塁のチャンスを作る。続く繁田がレフトへのタイムリーヒットを放ち1点を返し2-1とする。

<3回表>相手に1点を追加される。

<4回裏>5番安西がライト前ヒットで出塁すると、続く6番山田が送りバントを決め、7番楠はセンター前に弾き返すヒットで一死一、三塁とチャンスを拡大する。再びチャンスで8番繁田に打順が回り、センター前へのタイムリーを放ち1点を返し、3-2と再び1点差に詰め寄る。

しかしこの回以降両チームの投手が共に好投し、互いに0点に抑え、3-2のまま試合終了。兵庫県立大学に3-2で敗れました。

新チームの初戦でしたが、惜しくも競り負けてしまいました。初回の失点、チャンスでのバッティングなど、来春への課題を探していき、もっと上のレベルを目指していこうと思います。
  1. 2013/11/03(日) 23:35:39|
  2. 公式戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/2 新人戦2回戦 vs大阪大谷大学

新人戦 vs大阪大谷大学

<2回裏>先頭の5番安西がライト前ヒットで出塁すると、6番平光がきっちり犠打を決めてチャンスを広げる。二死二塁となり、8番井上晶が左中間を破るタイムリーツーベースヒットを放ち1点を先制する。

<4回裏>先頭の6番平光がレフト前ヒットを放つと打線がつながる。この回5本の長短打と3つの四死球から打者12人の猛攻で7点を追加し8-0とする。

<6回裏>一死から4番松田が四球を選び、5番安西がライト前ヒットでつなぎ一死一、二塁のチャンスを作る。続く6番平光が猛打賞となるセンターへのタイムリーツーベースを放つ。この回2点を追加し10-2とした。

神戸大学先発の井上祐は立ち上がりからテンポの良いピッチングで相手をねじ伏せ、7回を投げて1四球2失点の好投を披露した。コールド規定により7回10-2をもちまして神戸大学が勝利しました。

1、2回生だけで戦う新人戦で不安はありましたが、14本のヒットを放ち不安を一掃する試合となりました。この試合に満足することなく、来る4日の試合も勝つことができるよう頑張っていきたいと思います。
  1. 2013/11/02(土) 23:43:06|
  2. 公式戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

神戸大学硬式野球部

Author:神戸大学硬式野球部
近畿学生野球連盟
Ⅰ部リーグ所属
13年秋季 2位
14年春季 3位
14年秋季 6位(2部降格)
15年春季 1位(1部復帰)
15年秋季 3位
16年春季 4位


部員は現在、選手68人、
女子マネージャー9人
の計77人。

部員・マネージャーの入部どしどし受け付けています。

活動場所は
六甲台グランドです。

Twitterはじめました。
こちらからkobe_bbc

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
オープン戦 (139)
春季リーグ戦 (177)
選手情報 (35)
練習 (6)
公式戦 (39)
合宿 (9)
定期戦 (14)
秋季リーグ戦 (171)
お知らせ (7)
マネのぼやき (6)

カレンダー

10 | 2013/11 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード